Hotel degli Orafi - Lungarno Archibusieri, 4 - 50121 Florence (Italy)
T. +39 055 26622 F. +39 055 2662111 E. info@hoteldegliorafi.it
.


フィレンツェ観光スポット

ウフィッツィ美術館

ウフィッツィ宮(Palazzo degli Uffizi)と言えば、その驚嘆すべき所蔵品の数々により世界でも有数の美術館である。1560年、メディチ家のコジモ1世(Cosimo I de’ Medici)の命によりジョルジョ・ヴァザーリ(Giorgio Vasari)が手掛け、最後はブオンタレンティ(Buontalenti)によって仕上げられた。
16世紀のフィレンツェ建築の傑作とされ、当時、点在していた司法や行政機関を一ヶ所に集める為に建設された。
1581年、ウフィッツィ宮は美術館として使われることとなる。3階ギャラリーを大窓で仕切り、メディチ家が所持するメダルや宝飾品、武具などを展示し始めた。

フランチェスコ1世大公(il granduca Francesco I)により所望されたウフィッツィ美術館は、芸術を愛好するメディチ家によって、長年に渡りそのコレクションを広げて行った。
同コレクションにはボッティチェッリ(Botticelli)やジョット(Giotto)、ミケランジェロ(Michelangelo)、ラッファエッロ(Raffaello)、ティツィアーノ(Tiziano)等が含まれている。
古代ギリシャやヘレニズム時代の彫像も貴重で、メディチ家の収集趣味を裏付けている。この他、タペストリーやアンティーク大理石、細密画等もある。1階にあるサンピエトロ・スケラッジョ教会跡(ex chiesa di S. Pietro Scheraggio)には、貴重なフレスコ画が飾られている。
ウフィッツィ美術館は初めて一般に公開された美術館でもある。1591年より、大公の許可を取りさえすれば観覧できた。
メディチ家では遺産相続で得た品々や購入品、また現在はヴァザーリ回廊に展示されている自画像コレクションを次々にギャラリーに加えていった。
また、同美術館にはコンティーニ・ボナコッシコレクション(Collezione Contini Bonacossi)や、ガビネット・ディセーニ・エ・レ・スタンペ(Gabinetto Disegni e le Stampe)等の貴重なコレクションも所蔵されている。
コンティーニ・ボナコッシコレクション(Collezione Contini Bonacossi)が加わったのは1998年のこと。アレッサンドロ・コンティーニ・ボナコッシが所蔵していた絵画35点とアンティック家具、陶器類で、同美術館にとっても一、二を争う取得品となった。
同美術館内に見られるメディチェオ劇場(Teatro Mediceo)もブオンタレンティ作。U字型で、全体がニッチで装飾された長い回廊の上にある。ニッチ内部には中世から19世紀までに実在したフィレンツェ偉人らの彫像が飾られている。
現在、同美術館は45室から成り、絵画や彫像、タペストリー、各種家具など素晴らしい展示品で埋められている。
1773年、メディチ家の最後の後継者が亡くなった際、同家の美術コレクションは全てフィレンツェ市の所蔵となった。