非表示にします

フィレンツェ

ロッジャ・デル・メルカート・ヌオーヴォ
ポルチェッリーノ回廊(Loggia del Porcellino)と言えば、フィレンツェのメルカート・ヌオーヴォ回廊(Loggia del Mercato Nuovo)の中でも最も有名で、その名はポルチェッリーノ噴水通り(via della fontana del Porcellino)に由来している。
1550年頃、コジモ1世大公(Duca Cosimo I)の命により作られた。このメルカート・ヌオーヴォ(Mercato Nuovo:伊語で新市場の意)もメディチ家が成した大事業の1つとされている。

  • 情報
  • ポンテ・ヴェッキオ(Ponte Vecchio)最寄りに位置し、当初は絹などの高級品が売られていたが、現在は皮革製品店や土産物屋が並んでいる。
    この回廊の見どころであるポルチェッリーノ噴水(Fontana del Porcellino)にはピエトロ・タッカ(Pietro Tacca)作のイノシシのブロンズ像が見られ、オリジナルの方はピッティ宮に展示されている。
    昔から、このイノシシ像の鼻に触ると幸せになれると言われており、毎日のように触られるため今では光り輝いている。
    同回廊のもう1つの見どころはピエトラ・デッロ・スカンダロ(pietra dello scandalo:伊語で不祥事の石の意)。普段は屋台に隠れて見えないが、ルネサンス期のフレンツェではここで債務不履行者を罰していた。
    鎖に繋がれた債務者がズボンを降ろすと、この石の上で尻を打たれたのだ。
    改築により、かつての輝きを取り戻したメルカート・ヌオーヴォ回廊(Loggia del Mercato Nuovo)では、1550年頃に作られた円柱や柱頭等も見られるようになっている。
    また同改築により、回廊の2本の柱を彩るフィレンツェ偉人3体を象った彫像も美しさを取り戻した。

Corporate Data

CAMERA CON VISTA S.R.L.
Viale S.Lavagnini, 18
50129 Florence

P.I. - C.F. e R.I.: IT04581320480
Rea Number: 463034

Soc. cap. authorised, subscribed and paid up: € 25.500 ×