非表示にします

フィレンツェ

ピッティ宮およびボボリ庭園
ピッティ宮(Palazzo Pitti)が建設されたのは1440年頃の事。銀行家ルーカ・ピッティ(Luca Pitti)のためフィリッポ・ブルネレスキ(Filippo Brunelleschi)が設計を手掛けた。
1550年にメディチ家のコジモ1世(Cosimo I de' Medici)が、妻エレオノーラ・ディ・トレド(Eleonora di Toledo)のため一家の居住用にと同宮を購入。

  • 情報
  • 設計はバルトロメオ・アンマンナーティ(Bartolomeo Ammannati)に回廊付き中庭と大窓が任され、ブオンタレンティ(Buontalenti)には同宮裏手に広がる土地のボボリ庭園(Giardino di Boboli)に手を入れるよう命じられた。
    アンマンナーティは建物を増築しながら、同宮を瀟酒な邸宅に作り替えて行く事となり、豪華な大階段や庭園側への増築等を手掛けた。
    1553年、ピッティ宮は大公一家の邸宅として生まれ変わり、その後、1783年まで幾度となく改築が施された。
    1565年、ジョルジョ・ヴァザーリ(Giorgio Vasari)によって、かの『ヴァザーリ回廊(Corridoio Vasariano)』が建設される。高架式の同回廊はポンテ・ヴェッキオ(Ponte Vecchio)やウフィッツィ(Uffizi)、アルノ河岸を横切り、ピッティ宮とシニョリーア宮(Palazzo della Signoria)を繋いだ。
    1618年、アンマンナーティ甥のジュリオ・ダ・パリージ(Giulio da Parigi)が主要翼の増築を担当。フェルディナンド2世大公が(il granduca Ferdinando II)ヴィットリア・デッラ・ロヴェーレ(Vittoria della Rovere)との婚礼を挙げる際、複数のアーティストに同宮を本物の居城に仕上げるよう命じた。
    1700年代末、ピエトロ・レオボルド(Pietro Leopoldo)の命によりネオクラシック様式のメリディアーナ小宮(Palazzina della Meridiana)と、ピッティ広場(Piazza dei Pitti)に伸びる2翼が設計され、これらがピッティ宮に加えられた最後の増築となった。
    建物内にあるパラティーナ美術館(Galleria Palatina)は、1828年にトスカーナ大公レオポルド2世(Granduca Leopoldo II)によって設けられ、ティツィアーノ(Tiziano)やラッファエッロ(Raffaello)、ティントレット(Tintoretto)、カラヴァッジョ(Caravaggio)、ボッティチェッリ(Botticelli)、ペルジーノ(Perugino)、カノーヴァ(Canova)、ルーベンス(Rubens)等の作品が見られる。
    近代美術館(Galleria d'Arte moderna)の方には19〜20世紀のイタリア風景画が収蔵され、マッキアイオーリ・コレクション(raccolta di Macchiaioli)が充実している。
    17世紀、ピッティ宮は重要な科学会議の拠点ともされ、大公の他にエヴァンジェリスタ・トリチェッリ(Evangelista Torricelli)やヴィンチェンツォ・ヴィヴィアーニ(Vincenzo Viviani)らが参加した。1657年、同会議からアカデミア・デル・チメント(Accademia del Cimento:実験アカデミー)の原型が設立され、メディチ家のフェルディナンド2世やレオポルドの援助を受けた。ヨーロッパで生まれた、科学分野における先駆的な「学会」である。同アカデミアは1667年に活動を停止し、1801年に再開が試みられたが、僅か10日間で幕を閉じた。科学史研究所博物館(Museo di Storia della Scienza)には現在、学会員らが自然観測に使用した実験器具が収蔵されている。
    現在、ピッティ宮には銀器美術館(Museo degli Argenti)や衣装美術館(Galleria del Costume)など各種美術館が置かれている。
    銀器美術館では貴金属製品や象牙、クリスタル製品等が収められている。
    メリディアーナ小宮内には衣装博物館が置かれ、また、コンティーニ・ボナコッシコレクション(Collezione Contini Bonacossi)のゴヤ(Goya)、ヴェロネーゼ(Veronese)、ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ(Duccio di Boninsegna)等の作品も見られる。ピッティ宮にはこの他にも、ボボリ庭園内に陶器博物館(Museo delle Porcellane)や馬車博物館(Museo delle Carrozze)等が置かれている。